コロナウイルス、イタリアにとって最も悲しい日:900人以上が死亡。状況

18年に先立って、InvitaliaのCEOと市民保護委員会の委員Domenico Arcuriは、イタリアでのコロナウイルスの緊急事態に関する3月27日のデータを取り下げました。症状のある入院患者、集中治療中の患者、自宅隔離中の患者、陽性の合計。そして、退院者は癒され、亡くなり、タンポンの数は実行されました。

9134はイタリアでコロナウイルスの危機で亡くなりました。昨日と比較して、他に969人の死亡が記録されましたが、3月26日にピエモンテ州での不正確な数のために死亡した50人の患者が図に追加されました。合計で10950が回復しました(+589)。現在66414の陽性例があり、自宅で隔離されている36653人、症状で入院している26029人、集中治療室に3732人が入院しています。 (写真の後に続きを読む)

「戦略が変更され、タンポンに必要な症状は1つだけになりました。数日前までは、あなたは多症候性でなければなりませんでした、「いつものFacebookダイレクトでロンバルディア地域の大統領であるAttilio Fontanaは言いました。 「問題はスワブの数ではなく、問題はスワブの処理です。私たちは1日に5000タンポンに達しており、私たちの研究室では限界に達しています」と彼は付け加えた。

「今日でも前日よりも多くの綿棒を処理したため、感染の数は減少しています」と知事は説明しました。 「私たちはビジョンを得るために平均して少なくとも5日間を費やす必要があります。私たちは自分自身を統合しています。伝染のラインは成長していません、伝染の降下は始まろうとしています。犠牲を払って結果をもたらすことはできません。」 (写真の後に続きを読む)

ISSのデータ-「過去数日間に関連する数値があります:3月19日から20日まで、新しいケースの曲線はその上昇でわずかに減少しているようで、私たちは何が起こっているのかを監視しています」 of Rome(ISS)は、今日ローマで、研究所によって開催された記者会見中に、ストリーミングで放送されました。しかし、「私たちが封じ込め措置を緩めることができると自分を惑わせないでください-彼はその直後に付け加えました-ウイルスの循環が強い国の地域があります。ロンバルディアでは、ピエモンテとヴェネトの一部です。 (写真の後に続きを読む)

{loadposition intext}

「私たちはピークに達しておらず、それを超えていません-専門家に下線を引いた-減速の兆候があります。講じられた措置は効果を上げており、これらのグループでピークに達することができると予想しています。そこに着くと、一緒に検閲します。私たちは衰退期にはありませんが、成長は鈍化しています」

コロナウイルス、シークレットサービスアラーム:「南向きのリスク」

コロナウイルスの記事、イタリアにとって最も悲しい日:900人以上の死者。状況Caffeina Magazineから来ています。

(出典)