コロナ。 NiccolòはSpallanzani病院から退院しました

Niccolò、中国で立ち往生し、武漢、コロナウイルスの流行であったグラードからの17歳のイタリアの学生は家に帰ることができます。空軍の飛行により、彼は2月15日にイタリアに戻りました。少年は順調に進んでおり、陰性であり、ローマのスパランツァーニで必要な検疫期間を完了しました。

カメラから逃れるために頭を下げて笑みを浮かべながら、彼は父と母と一緒に車に乗り込み、彼の人生に戻った。 「Niccolòは幸せです。ついにこの不運は終わりました。6か月後、彼に会えなかったこと、そして起こったことすべてを受け入れました。それらはつらい日々でしたが、私たちは彼が見守られ、助けられていることを知っていました」と少年の母親は言いました。 (写真の後に読み続ける)

「ニコロは泣きませんでした。もう一度抱きしめることは非常に強い感情になります-父を追加しました-彼が私の知らない本を書いた場合、彼はこの経験を語る価値があると言って冗談を言いました。今のところ彼は私たちと一緒に少し家にいます、そして彼は彼の通常の生活、家族、友人に戻ります、17歳の少年がすること、彼は状況が再び落ち着くとすぐに中国に去ります。」 (写真の後に読み続ける)

スパランツァーニでは、「彼はみんなの息子になりました。彼は何も見逃していませんでした。私たちはいくつかの考えを持っています、私たちはそれを隠しませんが、彼らは結論を出しました-すべてがうまくいきました」。ルイージ・ディ・マイオ外相がニコロをフェイスブックで迎える。 「これは-彼が書いている-私たちがしているように、私たちに大きなコミットメントで働き続けるための強さと刺激を与えます。ニコロが最終的に彼の家族を受け入れることができることを嬉しく思います。 (写真の後に読み続ける)

{loadposition intext}

一方、ラツィオ州のCodid 19からの最初の感染例が記録されています。これはコロナウイルス検査で陽性であったフィウミチーノの女性です。彼女は38歳で、最近ベルガモへの旅行から帰国しました。インフルエンザを非難した後、彼女はローマのSpallanzaniで検査を受け、Covid-19での陽性を確認し、現在は独房に閉じ込められています。現在、病院で積極的な監視下にあり、5歳と10歳の女性の子供もいます。

コロナウイルス:カンパニア州で7件の陽性、ラツィオ州で最初の症例:ここに

コロナウイルスの記事。 NiccolòはSpallanzani病院から退院しCaffeina Magazineから来ました

(出典)

Facebookへのコメント