コモ湖の悲劇、12歳は母親の前で溺れています。ダイバーから体が回復

8月27日にコモ湖に飲み込まれた12歳の少女Fatouの遺体は、今日の午後、ほぼ6日間の捜索の末に発見されました。この少女は、悪天候下でも捜索をやめなかった消防士の海底調査に特化したロボットによって深さ125メートルで発見されました。

失踪時、ファトゥはレッコ地域にあるアバディアラリアーナの小さなビーチからそれほど遠くなく、母親と一緒にいたという事実にもかかわらず、遺体は海岸から約200メートル離れていました。それは流れ去った流れでした。 Fatouは両親とモンツァに住んでおり、元々はガンビア出身でした。 (写真の後に続きを読む)

少女は、8月27日にアバディアラリアーナの前でコモ湖の水に飲み込まれました。この頃、ミラノ消防隊のスキューバダイビングユニットのダイバーは、地域「ラプンタ」のビーチの近くの海底と、ロボット「ペルセオ」の助けのおかげですぐ近くに海底を掘り続けました。 (写真の後に続きを読む)

12歳の娘は、母親と一緒に湖で水浴びをしていました。彼らは海底が高くなる地域にいて、一人で海岸に戻ることができなかったのはその時でした。浜辺から救急に駆けつけた水泳選手もいたが、上陸したのは母親だけだった。 (写真の後に続きを読む)

{loadposition intext}

手に負えなくなった娘は、湖の強い流れに飲み込まれ、うまくいかなかった。金曜日の悪天候のため複雑な捜索がすぐに始まり、今日だけに消防署の専門家が彼の遺体を見つけることができました。

コロナウイルス、9月1日の公式速報:新しい陽性と死。イタリアの状況

12歳のコモ湖での悲劇は、母親の前で溺れています。ダイバーから回収された体は Caffeina Magazineからのものです

(出典)