コビッドはイタリアをあきらめません:死者は増加しています。感染が少ない(ただしタンポンが少ない)

500万人以上のイタリア人、つまり人口の10%がSars-Cov-2と接触しています。実際には、10人に1人が新しいコロナウイルスに「遭遇」しています。公式の見積もりよりもはるかに多い。データは、ジャーナル「Science of the Total Environment」に掲載され、パドヴァ大学のFrancesca Bassiと共同で、ローマキャンパスのカトリック大学経済学部の統計科学部のGiuseppeArbiaによって実施された研究から得られたものです。 、およびIstatのPiero DemetrioFalorsi。

調査によると、感染者の年齢の中央値も変化し、実施された綿棒の分析に基づいて計算された保健省のデータによると、推定41歳に対して46歳に上昇します。 Arbiaは、現在入手可能なデータでは、これまでにSars-Cov-2と接触した人の数、したがってウイルスの致死率を正確に見積もることはできません。これは、死亡者数と感染者数。写真の後に続く

実際、綿棒が実行される基準を考慮すると、感染した人や症状のある人は過大評価されていますが、一方で、無症候性および無症候性の人は過小評価されています。そんな中、少し前に10月26日の会報が発行されました。イタリアでは17,012件のコロナウイルスの新規症例があります。これは保健省によって発表されました。過去24時間で、141人の死亡が記録され、緊急事態の開始以来、合計で37,479人になりました。写真の後に続く

昨日から行われた綿棒は124,686です。集中治療室に入院した患者は1,284人で、76人増加しています。現在、1,284人の患者が集中治療で入院しており(昨日から+76人)、2,423人が回復し、合計で268,626人になりました。症状で入院している人は現在12,997人、自宅で隔離されている人は222,403人です。写真の後に続く


{loadposition intext}
ロンバルディは依然として最も多くの症例(3570)を抱える地域であり、トスカーナが2,171の新規感染と13の死亡、カンパニアが1,981の症例と16の死亡が続いています。ラツィオでは、1,698件の新規感染と16件の死亡。オックスフォード大学と共同でAstraZenecaが製造したワクチン候補を開発したセンターであるIrbmdiPomeziaの社長であるPieroDiLorenzo氏。 「2021年6月までに、イタリアでワクチン接種を受けたいすべての人がそうすることができるようになります。簡単な楽観主義を広めるのではなく、情報への欲求に応えるためです。AstraZeneca-Oxfordプロジェクトの実験は、11月末から12月中旬にフェーズ3の試験で終了する可能性があることは間違いありません。年末までに検証が行われると考えるのが妥当です」。

あなたは興味があるかもしれません: 「彼女は何をし、どれだけ費やしたか」。誘惑島からGFVipへの野生のローマ:変化は明らかですが、今ではすべてが出てきます

Covidがイタリアをあきらめないという記事:死者が増える。 Caffeina Magazineによる感染は少なくなります(ただし、タンポン少なくなります)

(出典)