アレックスザナルディ、これが彼の在り方です。最新の医療速報

6月19日に交通事故で怪我をしたパラリンピックチャンピオンのアレックスザナルディの臨床像に変化はなく、夜は過ぎました。彼のバイクで彼は「オビエッティボトリコローレ」リレーのステージの1つに参加しました。ハンドバイク、バイク、オリンピック車椅子のパラリンピック。事故はピエンツァの自治体の高速道路146に沿って起こりました。

昨日は2回目の脳神経外科手術を受けました。頭の2回目の手術から約24時間後、パラリンピック標本は「臨床症状が定常的であり、神経学的な観点からは安定した経過を示し、その様子は深刻なままです」。今日、ボロネーゼが入院しているシエナのルスコット病院から新しい医療情報が発行されました。 (写真の後に続きを読む)

Alex Zanardiは常に集中治療室にいます。 「昨年6月19日からサンタマリアアレスコットポリクリニックに入院したアレックスザナルディの臨床状態について、シエナ病院大学の健康管理は、彼が当日に受けた2回目の脳神経外科手術に続いて、昨日、6月29日月曜日、手術後約24時間の患者は、定常的な臨床状態と神経学的に安定した経過を示し、その様子は深刻なままです。 (写真の後に続きを読む)

「アレックスザナルディは-会報を継続します-集中治療室に入院し、そこで鎮静と挿管を続け、予後は機密のままです。家族との合意により、重大な進展がない限り、他の医学会報は発行されません。 (写真の後に続きを読む)

{loadposition intext}

シエナの検察官は、フィレンツェ大学のエンジニアであるダリオヴァンジ教授に、アレックスザナルディで発生した事故のダイナミクスを再構築し、元ライダーのバイクの技術調査を行わなければならないという助言を委託しました。

「イタリアでは数ヶ月早く到着した」。コロナウイルス、これが北の発見です

記事アレックス・ザナルディ、これはその とおりです。 最新の医療速報は、 Caffeina Magazineから提供されています。

(出典)

Facebookへのコメント