「7月31日までのイタリアの非常事態」。コビッド、要求:「制限措置の緩和にノー」

「2020年は困難で長い年でした。機関の団結した努力なしには、私たちに自由を放棄せざるを得なかったこの信じられないほど強い敵を封じ込めて打ち負かすことは不可能です。私たちが経験している緊急事態に立ち向かうための団結以外の方法はありません」。したがって、保健大臣のロベルト・スペランツァは、わが国で広がり続けているCovid-19緊急事態に対処するためのさらなる措置について、下院に連絡しました。

「今週、イタリアの疫学的状況は全般的に悪化している-スペランザは説明した-集中治療室の増加、Rt指数、および未知の発生。誤解されないようにしましょう。エピデミックは再び拡大段階にあります」。 「新しい強い嵐がヨーロッパ中に高まっています-彼は強調しました-ウイルスはワクチンで折りたたまれますが、今では力を増して循環し続け、再び私たちに非常に大きな打撃を与える可能性があります」。 (写真の後も読み続けてください)

「すべてのパラメーターが同時に悪化した場合、私たちは新たな措置を講じる義務があり、政府は非常事態を4月30日まで延長することは避けられないと考えています」と大臣は説明しました。 「赤、オレンジ、黄色の領域に加えて、4番目の領域を確立することを目的としています。白い領域は、疫学的レベルが非常に低く、発生率が10万人あたり週50件未満、Rtが1未満、および低リスク指数。この領域では、制限はマスクの着用などの基本的なルールに関連します。この分野を短期的に誘発することは困難ですが、私たちは今後数ヶ月の希望の道を示し始めています」と彼は再び言いました。 (写真の後も読み続けてください)

その間に、技術科学委員会からの新しい要求がトリガーされます。専門家は、制限措置の緩和に反対することを繰り返し、16日金曜日に発効する新しいDpcmを考慮して、さらに6か月間非常事態を維持し、7月31日に終了することを政府に要請します。

とりわけ、CTSは、1月18日にスキーリゾートが再開される可能性について「大きな懸念」を表明した。理由は単純です。ロンバルディア、ベネト、ボルツァーノ県など、植物が生息する地域の多くは、まさにCovid-19に対する陽性の事例が増えている地域だからです。このことを念頭に置いて、CTSはいずれにせよ、2月7日から21日にコルティナダンペッツォで予定されているアルペンスキー世界選手権を密室で開催することをすでに命じています。 (写真の後も読み続けてください)

{loadposition intext}

リフトの開放の別の延期の仮説は、アルパインアークの地域の代表者によってコメントされました:「私たちは、リフトの開放の新たな延期とその結果としての増加の政府によって発表された仮説に注意します山の冬の観光セクター全体の危機、そして私たちは政府にこのセクターに真剣に取り組むことを求め、被った損失に対して確実で即時かつ比例したリフレッシュを保証する」と、特別観光委員会の参加者に尋ねた地域と自治州の会議。

「ベレンロドリゲスは妊娠しています」。非常に新鮮な爆弾。ソースは疑うことのないものです

記事「7月31日までのイタリアの非常事態」。 Covid、リクエスト:「制限措置の緩和にノー」CaffeinaMagazineから来ています。

(出典)