「離れて、離れて、逃げなさい!」。最愛の観光地の竜巻:負傷者5人

恐怖、午後早く、サレントで最も観光地の1つ。混雑した旋風がペスコルセの混雑したビーチを襲い、同じくサルヴェ地域にあるトーレヴァドやトーレパリを含む沿岸部を襲いました。海岸で最悪のキオスクを手に入れるために、ガゼボを奪われました。建物は小さな竜巻によって解体されました。

デッキチェアとサンラウンジャー、いくつかの傘もあり、海に行き、風の力で回復することはありませんでした。施設のライフガードが使用する2つのタワーを文字通り根こそぎにし、設備や水泳選手にさまざまな損害を与えた渦。事実、5人の救急車が現場に到着し、金属と木の破片がバガナンティの中に誰かを大怪我をさせ、多くの子供たちもそこにいたのではないかと恐れていました。 (写真の後に続きを読む)

中には軽傷を負った人もおり、予防のために118人の救急車が3人到着しました。幸いなことに、深刻な怪我を負わなかったのは観光客と地元の女性です。 (写真の後に続きを読む)


しかし、間違いなく強い恐怖です。彼らのほとんどすべてが軽度のあざを受けました。最も深刻なのは21歳の女の子と56歳の男性です。後者は、ビーチで傘を借りているホテルの経営者で、砲塔の風で木が破れたため、頭に深い裂傷を負った傷がありました。 (写真の後に続きを読む)

{loadposition intext}
すべては入浴者のスタンピードの間に数分で起こりました。旋風は400メートルを超える海岸線を襲い、パルコデイジッリ広場の前にある無料のビーチが広がっていました。一部の入浴施設の設備が損傷しました。傘、サンベッド、デッキチェアが水中に投げ込まれました。

あなたも興味があるかもしれません: 「それは痛いです」。ヴァレリア・マリーニ、告白は青からのボルトのように来る:「彼は綿棒を作った」

「アウェイ、アウェイ、ランアウェイ!」という記事。最愛の観光地の竜巻:5人の負傷者Caffeina Magazineから来ています。

(出典)