「突然追い出された」。アレッサンドロ・チェッキ・パオネ、今だけ指揮者が話し、ライへの別れの背後にあるものを明らかにする

アレッサンドロ・チェッキ・パオネは、数年前にホストとジャーナリストの役割を放棄し、コメンテーターの役割を引き受けることを決定したときにもちろん起こった彼の「変化」まで、イタリアのテレビの最もフォローされた顔の1つでした。彼は科学的および文化的な普及者として小さな画面でキャリアを開始し、「タイムマシン」や「歴史との約束」などの成功したプログラムを実施しました。

その後、彼は2007年版で、有名な島のリアリティ番組(この種のプログラムに対する以前の嫌悪感にもかかわらず)を含む、ライとメディアセットの両方でエンターテインメント形式に参加しました。教師として、彼はボッコーニでマーケティングとコミュニケーションを教えました。ミラノビコッカ大学の観光ドキュメンタリーの理論と技法。重要な愛の中で、元妻のクリスティーナ・ナバロ・エスピノサとスペインで結婚し、7年間一緒に過ごした人。後に彼の名前は25歳のダンサーマックスフレンチの名前にリンクされました。写真の後に続く

カップルは結婚式と子供の養子縁組を計画していました。アレクサンダーがニューヨークに引っ越した後、組合は崩壊した。 2018年、Cecchi Paoneは独身で、真の愛を期待しています。ライからの疎遠の原因となった愛。 Nove LaConfessioneプログラムのゲストとしてAlessandroCecchi Paoneは、オンラインのIl Fatto Quotidianoのディレクターであり、La Confessioneのトークの操舵手であるピーター・ゴメスに明らかにされたと述べています。テレビ。写真の後に続く

過去に、ジャーナリストは、彼を公共サービスプログラムから除外する指示は「枢機卿タルチジオベルトーネ」から来ると宣言しました。ゴメスは問題の根底に行きたかったので、ライ放送での彼の存在のディクタットがそのような高レベルから来たものであるかどうかをパオネにどうやって確信できるか尋ねました。写真の後に続く

{loadposition intext}
「私はこの勅令を適用した人からはっきりと言われました。ゲストとしてもライに参加できなかったと思いますか」とアレッサンドロは率直に語った。人々に議論をさせ、すでにどこでも跳ね返る言葉。

あなたは興味があるかもしれません: 「これはあなたが何であるか」です。アレッサンドロガスマン、俳優のvipストーム。彼がしたことは議論され続けています

記事「突然キックアウト」。アレッサンドロ・チェッキ・パオネ、今だけ指揮者が話し、ライへの別れの背後にあるものがカフェイナ・マガジンから来ていることを明らかにします。

(出典)