「私は許されていません」。攻撃に対するピエルルイジ・ディアコ:「あなたと私」の早期閉鎖後の背景

ライ1の夏の午後のコンテナであるイオエテの行動についてしばしば論争の的となったピルルイジディアコにとって、それは特に簡単な年ではありませんでした。行ったことがないことと彼の性格の側面を強調することで合格した。

彼のファンが海で学んだキャラクター:礼儀正しく決して急いでいないトーン、潮に逆らってもテレビの鏡に映ったときでも発言したいという欲望。実際、指揮者はこのラインに基づいて彼のプログラムをこれらの値に基づいており、コロナウイルスと彼の共同研究者の1人の2番目の検査で後で陽性となった陽性の綿棒のために、あなたと私を早期に閉鎖する必要がありました。指揮者は、テレビソリジエカンゾーニのページで沈黙を破り、受けた批判に関して、「私は自由であり、平凡でないことを許されない」と認めた。 写真の後に続ける

ピエルルイジ・ディアコは、多くの人が彼にとって結果は簡単に得られたと考えていることを認め、代わりに彼のカリキュラムでラジオとテレビで何年にもわたる研究があると繰り返し述べた。私は誇りに思っています "。これらは私とあなたのピエルルイジ・ディアコの言葉でした。ライの発表者は、テレビの本当の革命は時代の拡大にあるのとは対照的に、彼は自分の指揮方法を変えないことを強調しました。 写真の後に続ける

「鉱山は、非人道的な時代のある速い社会における一種の抵抗です」と今日の現実はしばしば「人々の内面の世界を考慮に入れていない」ことを認めたピルルイジ・ディアコは続けました。最後のエピソードで上空に戻ることを望んでいたピルルイジ・ディアコは、イオ・エ・テが早く閉まっていなかったら、彼のリビングルームでマラ・ヴェニエをホストしたであろうことを明らかにしました。 写真の後に続ける

{loadposition intext}
日曜日の女性は特にディアコの休暇から戻ります。一方、Rai1の主催者は、2021年の春にテレビで新しい番組を深夜に放送できると予想していました。

興味があるかもしれません: 対決!ハリー、(苦い)驚きの誕生日:ウィリアムとケイトミドルトンのジェスチャー

「許されていない」という記事。ピルルイジディアコの攻撃:「あなたと私」の早期閉鎖後の背景は、 Caffeina Magazineからのものです

(出典)