「私は暑くて眠いです」。クリスチアーナは友人との夕食後、悲劇で家に帰る

彼女は芸術的で気まぐれな人としてすべての人に感謝されました。彼女は3人の子供の母親であり、セールスウーマンとして何年も働いた後、夢を叶えると同時に自分の芸術研究所を開くことができただけでなく、自分の才能を強調するという正当な願望も持つまで、彼女は彼らに人生を捧げてきました。 。 Christiana Camilotさん(53歳)は、ポルデノーネのVia FratelliBandieraにある自宅にいたときに突然亡くなりました。

彼女は友人と夕食に行ったことがありましたが、彼女の息子は病気の後で彼女が死んでいることに気づきました。すぐに助けが呼ばれましたが、クリスチアーナ・キャミロットにとっては何もすることがありませんでした。 「それは非常に強い痛みでした」と、彼女が死ぬ前の晩に新聞IlGazzettinoで食事をした友人のSilviaSantarossaは言います。

クリスティアナ・キャミロットは死んだ息子を病気で見つけた

「私たちはそれを予期していませんでした。彼女は陽気でいつものようにアイデアやプロジェクトの火山でした。夕方の終わりに、彼女は少し疲れていて暖かいと私に言いました。私たちは抱きしめ、次の日の約束をしました。私の現在の夫を紹介するだけでなく、彼女がどのようであったかについても、私の人生にとって非常に重要でした。」

クリスティアナキャミロットクリエーションズ

「私は彼女の芸術に囲まれるのが好きです-彼女は彼女の法律事務所に個性を与える彼女の友人の絵を誇らしげに見せていると言います-私は彼女の鋭いR、彼女の才能、彼女の生き生きとした知性だけでなく、彼女の優雅さ、彼女の他者への裁量と尊重。彼女は友達に起こった美しい出来事に最初に満足し、子供たちが生きる理由となった並外れた母親でした。

救急車の救助
クリスティアナキャミロットクリエーションズ

数日前、28歳の少女が命を落としました。彼女の名前はダリラビアンキで、元々はベルガモのアルツァーノロンバルド出身でした。明らかになったところによると、彼女は数日間健康状態が良くなかったようで、実際、彼女も高熱を持っていました。健康状態がまったく改善していなかったため、28歳の彼女は病院への転院を選択しました。実際、彼女は問題を解決するために自国の救急治療室に行くことにしました。訪問が完了し、彼女が受けた検査の結果が得られたら、医師は抗生物質を処方し、それは彼女を軌道に戻す必要がありました。しかし、その後、状況は悪化しました。彼の死まで、それは本当にみんなに衝撃を与えました。

記事「私は暑くて眠いです」。クリスチアーナは友人と夕食をとった後帰宅し、悲劇カフェイナマガジンから来ました

(出典)