「私はサミュエルを落としました、そしてこれが私がしたことです。」バルコニーから死んだ子供、告白が到着します

ターニングポイントは、先週の金曜日にナポリで彼の建物の3階から落ちた後に亡くなった小さなサミュエルの死にあります。最初は悲劇的で致命的な事故と考えられていましたが、その後徐々に邪魔な要素が現れ、捜査官は家族の使用人を止めさせました。実際、後に流行した仮説は殺人でした。そして今、私たちが醜い出来事の調査を操縦することを可能にする告白が到着しました。

事件にはまだ多くの疑問と灰色の領域がありました。これらの中には、悲劇の午後に少なくとも3時間の「穴」もあります。サムエレは午後1時ごろに家のベランダから落ちたでしょう。数分後、通りを埋め尽くす人々の叫び声に魅了され、妊娠8か月の母親のカルメンは何が起こったのかを悟りました。同時に、あたかも何も起こらなかったかのように、男が悲劇の宮殿劇場から出てきます。今、すべてを変える最も実質的な目新しさ。

ナポリの子サミュエル死んだ告白マリアーノカニオ

これは、ナポリで子供を死に至らしめた後の召使いマリアーノ・カニオの告白です。「突然、私は彼を腕に抱き、バルコニーに出ました。赤ちゃんを抱いて外に出ると、身を乗り出して赤ちゃんを落としました。すぐに下から叫び声が聞こえてきて、自分が原因だと気づいて怖かったです。私は家に逃げて、サニタでピザを食べに行きました。」みんなを驚かせた言葉。

ナポリの子サミュエル死んだ告白マリアーノカニオ

それからマリアーノ・カニオはナポリでの悲劇の後でこう言いました。「バルコニーの外で、いつも赤ちゃんを腕に抱いていて、手すりの近くに出るとすぐに目がくらむように感じました。赤ちゃんを抱っこしながらベランダから外を眺めたのは、この時点で下から声が聞こえたので、赤ちゃんを下に落としました。私はベッドに横になり、何が起こったのか考え始めました。それから私は降りて、ドゥオーモ経由でバーに行き、カプチーノとクロワッサンを取りました。」

ナポリで耳が聞こえなくなったサミュエルの死の目撃者は、次のように報告しています。彼は彼を迎えに行きました、それは完全な混乱でした、近所…私たちは子供が倒れるのを見ました、その上に血があり、ホラーシーン、何も理解されていませんでした」。

記事「私はサミュエルを落としました、そしてこれが私がしたことです」。バルコニーから死んだ子供、告白カフェイナマガジンから来ています

(出典)