「私の娘は生きています」。デニス・ピピトーネ、母親のピエラ・マッジョの最後の言葉:「なぜ私は言うのか」

アドンクロノスについて学ぶとき、マザラデルヴァッロのピランデッロ通りの建物に小さなデニスピピトーネの痕跡はありません。 2004年9月1日に亡くなったデニスの異母姉妹の母親であるアンナコロナが住んでいた建物で5月6日の午後に行われた長い検査の後、数年前まで。

午後8時15分まで続いた検査では、消防隊とカラビニエリデルリスが土地登記書類を手に細心の注意を払って作業しました。チェックはガレージと井戸のある罠のドアでも行われ、彼らも否定的な反応を示しました。

匿名ではない報告が調査員に報告され、すぐに「非常に興味深い」と見なされたニュースがいくつかありました。しかし、その間、出現したものとアドンクロノスの報告によると、マザラデルヴァッロのピランデッロ通りの建物には小さなデニスの痕跡はありません。しかし、いつものように、マザーピエラマッジョの魅力は非常に心からのものであり、決して消えることのない希望を隠しています。

FacebookでのPieraMaggioとPietroPulizziの言葉:「そうでないことが証明されるまで、Deniseは生きていて、探さなければなりません。もし彼らが反対を証明した場合、その時間にだけ彼女を探すのをやめて…ありがとう」。そして再び:「これらすべての年の誰もが、直接的または間接的に私たちに危害を加えてきました。特にデニスを誘拐した人々は、罰せられることはできず、またそうしてはなりません!」

🔴他の方法でデニスが有効であることが証明されるまで、検索する必要があります。それ以外の方法で証明する場合は、その場合にのみ…

2021年5月6日木曜日にPieraMaggioによって公開されました

数日前、いつも母親のピエラ・マッジョ:「この街には、デニスがどのように姿を消したかを見て知っている人たちがいます。私が頼るのはこれらの人々です。それで十分です。話をする時間なので勇気を出してください。続けることはできません。あなたの良心へのこの負担。デニスはこの街の娘です。私たちは彼女を守らなければなりません。私の赤ちゃんは真実と正義に値する」。

「彼は私を虐待し、私を閉じ込めました」。 「過剰」の歌手への告発:「彼は私にすべてをした」

「私の娘は生きている」という記事。デニス・ピピトーネ、母親のピエラ・マッジョの最後の言葉:「なぜ私はそれを言うのか」カフェイナ・マガジンから来ています。

(出典)