「流行はまだイタリアであり、流行は終わらない」。コロナウイルス、ISSアラーム

コロナウイルス、傾向は引き続き好調です。伝染曲線の傾向は、RTが1を上回っており、安心できます。これらは、5月25日から31日までの週に保健省が実施したモニタリングの結果です。 Rtが設定されているリージョンはありませんが、1より大きい複製係数は依然として高いままです。

ロックダウン中に適用されたセキュリティ対策は積極的に対応しました。これは、厚生省ISSの監視後に伝えられた結果から学ばれ、その結果は「効果的にSARSCoV-2感染の制御を可能にした」。それでも、同じことが「一部の地域の現実では、毎週報告される新しいケースの数は減少しているにもかかわらず、高い」ということから学ばれています。 (写真の後に読んでください。)

したがって、絶対的な注意が必要です:「国の一部の地域ではSARS-CoV-2の流通が依然として関連していることを示しているため、注意が必要です」。 「個人の衛生状態や身体的な距離など、感染のリスクを低減するために必要な措置の厳格な遵守」は、まだ採用されていません。 (写真の後に読んでください。)

実際、症状の発生と診断に関連して専門家の立場であるレプブリカから学んだように、「今週に報告された多くの症例は、2〜3週間前に感染しました。 5月4日から18日まで再開します。したがって、常に保健省からは、次のように明記されています。「ほぼすべての半島で、活発な伝染病の発生が記録されている。この発見は、主に密接な接触の特定とモニタリングを伴う症例の集中的なスクリーニングと調査によるものですが、イタリアにおけるCOVID-19の流行がいかに終わらないかを強調しています。 (写真の後に読んでください。)

ただし、やはり高等衛生研究所によると、2020年3月6日に計算された12/5から25/5までの期間の症状開始日の伝達率指数(Rt)の推定値が調査された週のRtのロンバルディアの仕様で、すべての地域で1未満の平均は0.91でした。

家族の虐殺:駐車中の車で4人の子供と親が死亡した

「イタリアでの大発生、流行は終わらない」という記事。コロナウイルス、ISSアラームCaffeine Magazineからのものです。

(出典)

Facebookへのコメント