「悪いこと…」ピエルルイジ・ディアコが初めてライブを告白。そしてスタジオでは感情が落ちる

ピエルルイジ・ディアコによる放送「イオ・エ・テ」のエピソードの間、ゲストは未発表の自白の主人公にもなり、彼らがこれまで明らかにしたことのない人生のプライベートな詳細を伝えます。しかし今回は、大げさな宣言をしたのは外部の誰かではなく、家主自身が驚くべき発言をしたのです。彼はカティア・リッチャレッリに送られた手紙のルーブリックの間にそれをしました、そして研究には多くの感情がありました。

彼の開いた心の爆発は予期せず来た。今日、8月4日火曜日、彼は彼の人生の中で最も痛みを伴う瞬間を視聴者に打ち明けるのが今であることに気づきました。その時点で彼は、彼のパニック発作に焦点を合わせていたRaiプログラムの愛情深いメンバーから送られた手紙にコメントすることに熱心でした。そこで彼は、人々を悩ませている最も一般的な問題の1つに関するいくつかの本当に重要な文章を発表するために一瞬をとりました。 (写真の後に続きます)

ピエルルイジの話は次のとおりです。シリーズAとシリーズBの病気はありません。魂の悪は専門家によって扱われ、過小評価されてはなりません。彼のスピーチの終わりに、彼はこの病気に対処しなければならないすべての人々に直接向き、そし​​てその周りに引き寄せられた人々によって理解されていません。 (写真の後に続きます)

ディアコ氏は、「このドラマを現在体験していて、理解がわからない人に挨拶をします」と締めくくりました。そして、以前に予想されたように、「あなたと私」の研究には一般的な感情がありました。数日前にもテレビのホストは皆を追放しましたが、今回はライブTVで本格的な愛の宣言がありました。それはすべて、ピノ・ストラビオリとの通常の対面中に起こりました。したがって、彼の感傷的な領域に関する断言。 (写真の後に続きます)

「5年前までは、孤独が好きでした。家主の反応でした。それから、アレッシオに会ったので、今は一人ぼっちではありません。彼と私の人生を共有したいので。私の人生は今、愛に満ちています。」アレッシオ・オルシンガーへの真の愛の宣言。しかし、ディアコはこれらのロマンチックなジェスチャーに新しいものではありません:昨年でさえ彼はしばしば彼の愛について話しました。

メリタ・トニオロは激しい攻撃の後に沈黙を破り、予期しないショットで嫌悪者を沈めます:写真

「悪い・・・」という記事。ピエルルイジ・ディアコが初めてライブを告白。そしてスタジオでの感情Caffeina Magazineから来ています。

(出典)