「彼女は生きています、私は彼女がどこに住んでいるか知っています」。ゲリーナ・ピスカリア、彼の死から7年後のセンセーショナルなターニングポイント

昨年、プレモントレ修道会の修道士の命令により、レビッビアで25年間の懲役に服している元司祭であるグラツィアーノ神父が追放され、ゲリーナピスカリアの死体の殺人と隠蔽の罪で決定的に宣告されました。

元コンゴの宗教家は、アレッツォ地域のバディアテダルダの自治体で、Ca'Raffaelloの50歳の主婦であるGuerrinaPiscagliaの失踪と死について、彼の刑に服している。 2014年5月1日、不思議なことに薄空に姿を消した。

Guerrina Piscagliavivaフランス修道院が姿を消した

「たとえそれが単なる文でなくても、私は私を待っているものに会うつもりです-文の直後にグラツィアーノ神父は言いました-。私はそれに値しないとしても私が支払わなければならないものを割引します」。グラツィアーノ神父は常に無実であると宣言しており、女性の失踪から7年後、控えめに言ってもセンセーショナルな無分別さが訪れます。

Guerrina Piscagliavivaフランス修道院が姿を消した

「アフタヌーンファイブ」で、グラツィアーノ神父の弁護士、グラティエンアリビ生まれは、「ゲリーナは生きていて、彼女は小さなフランスの村にいて、修道院の客である」と明かして事件を再開した。 「私は修正の仮説のプロセスを開始するために働いています」と弁護士は再び説明しました。

「私は、私に連絡したこの女性によって正確に示された場所で、直接フランスに行きます」と、弁護士のリジエロ・アンジェレッティが午後5時のマイクに再び明かしました。媒体からの報告。

「彼女は生きている、私は彼女がどこに住んでいるか知っている」という記事。彼女の死から7年後のセンセーショナルなターニングポイントであるGuerrinaPiscagliaは、 CaffeinaMagazineから来ています。

(出典)