「彼は自分がやりたいことは何でもできる。」嵐の中のパオロシアバロ。侮辱に襲われた元Gieffino:何が起こったのか

彼は再び彼女に会うことから数日になるだろうと発表しました。 Paolo Ciavarroは、正確な日付、つまり5月24日さえ言っていました。これは、Clizia Incorvaiaからの距離が持続不可能になりつつあったためです。有名な俳優のカップルの息子はバーバラデュルソのリビングルームのゲストであり、つながりの間に彼はインフルエンサーとの関係の最も重要な瞬間を思い出す機会がありました。その後、告白。

「私は現在シチリアにいますが、クリジアと一緒ではありません。彼女に会う前に、検疫日をいくつか行わなければなりません。私は5月24日に再び彼女に会います、「パオロシアバロを告白しました。しかし、その強さと共謀の例として、カップルがウェブの人々から高く評価されているにもかかわらず、それはすぐに物議を醸しています。ウェブの人々からの反応は明らかでした:「安定した影響はありません」。 (写真の後に読んでください。)

まだ地域を離れることができないユーザーからの噂に関するうわさ:「すみませんが、Paolo Ciavarroは別の地域に行ってCliziaを見つけることができますが、居住地や関係はありません。別の地域に住んでいる私のボーイフレンドを見つけに行きますか?」また、別のユーザーを追加します。「3か月間互いに知り合ったCiavarroとCliziaは、地域間を移動する権利を持つ安定した親族ですか?そして、私たちが長年にわたって関係を築いてきた親類と一緒にいることは、まだ残っていると非難されていますか? (写真の後に読んでください。)

議論はさらに火をつけます:「GFで3か月間互いに知り合ったCiavarroとCliziaは、彼らは地域間を移動する権利を持つ安定した親族ですか?そして、私たちが長年にわたって関係を築いてきた親戚と一緒にいることは、まだ残っていると非難されますか?」パオロシアバロは彼がやりたいことを何でもできるので、シチリアに行ってクリジアを見に行きます。賛辞」。 (写真の後に読んでください。)

彼はまだ、最近認めたPaolo Ciavarroの数字に対処する必要があります:「私たちは遠く離れていますが、毎日、毎日数回感じています。まだ終わっていません。そして、私を彼女から分離し、GfVipを離れる毎日を数えたと思う。結局のところ、カウントは私のすばらしい決意です。クリジアと私は家の中で3150回のキスを交換しました。」そして、誰がさらに数える必要があるかを知っています。

パメラプラティ、「カルタジローネゲート」から1年後のひねり:これらの時間での確認

「彼がやりたいことは何でもできる」という記事。嵐の中のパオロシアバロ。侮辱に見舞われた元のgieffino:起こったことはCaffeina Magazineから来ています。

(出典)

Facebookへのコメント