「彼は戦ったが、彼はそれをしなかった。」エレナ、42歳で死去。喪中の街

8月5日、リエッティの街は目を覚まし、別の地元の商人、オレナエレナマーディッチの死の痛みで心を痛め、再び目覚めました。残念なことに、現在6年近くにわたって中央グランカッフェカットースタジオーニを管理していたオレナは、彼女が存在する最後の瞬間まで、激しく戦った悪を倒すことができませんでした。 7月6日、42歳のウクライナ出身のオレナは、リエッティに何年も住んでおり、チェザーレバッティスティ広場のバーに引っ越す前から、パブでパートナーのマウリツィオトロメイと一緒に参考になっていたため、市内で知られていました。エデルビエは、何十年もの間、中央の夏の夕方に復活し、その後、地震のためにViale Liberato di Benedettoに移送されました。

トリノでは、1か月前に死亡した高齢の女性が、トリノの公共交通機関であるGttのバスに頭をぶつけた。カーメラヴェレッキア氏(80歳)は、トリノのサンジョバンニボスコ病院で亡くなりました。11番バスで負傷したため、6月27日から入院していました。 (写真の後に続きます)

彼女はその事故から回復したことはなく、今日の娘と孫は弁護士を通じて、トリネーゼトラスポルティグループに何が起こったのかを疑っています。 「車両の運転手は警告を読みます-Covidの規則で要求されているとおりに全員が着席していることを確認せずに、高速で進み、その後急ブレーキをかけました」。 (写真の後に続きを読む)

「残念ながら、弁護士のジーノミケーレドメニコアルノーネとパオロアンドレオーネについて説明します。同様の出来事に直面するのはこれが初めてではなく、相変わらず主な望みは、相続人が推進する行動がその例になることです。このために、私たちは模範的な文章を求めます。 (写真の後に続きを読む)

{loadposition intext}
一方、クレマでは、ブレシア出身の60歳の女性の遺体を今日解剖したところ、土曜日の午後7時頃、元鉄工所のサンタマリアバイアルで死体が見つかったため、自殺の仮説が強化されています。検察官のミルデミリが命じた検死。

また、興味がある可能性があります: マドンナの「涙」の血の像。プーリアでは驚きですが、忠実な人にとっては間違いありません。どうした

「彼は苦労しましたが、彼はそれを作りませんでした」という記事。エレナ、42歳で死去。喪中の街全体Caffeina Magazineから来ています。

(出典)