「彼は悪い、非常に悪い…」。薄くて疲れた、モナコのシャルレーヌへの不安が高まる

モナコのシャルレーヌの健康に関する新しいニュースが届きましたが、まったく良くありません。アルベルト・ディ・モナコの妻は、感染症の問題を解決するためのいくつかの外科手術を特徴とする非常に困難な月を経験しています。彼女は3回全身麻酔下で手術を受けることを余儀なくされ、ほんの数日前に南アフリカで再びナイフの下に行き着きました。しかし、浮上しているのは、すべての被験者を不安にさせ、間違いなく心配させていることです。

ウェブサイト「Monacomatin.mc」によると、10月8日金曜日にモナコのシャルレーヌは全身麻酔下で3回目の手術に再び頼らなければなりませんでした。介入は後にモナコ公国の王宮に近い情報筋によって確認されました。この人は、「これが最後の操作になります」と付け加えました。そして、それはまた、予想よりも複雑であることが判明した臨床状況を心配している、王女を愛するすべての人々の希望でもあります。今、悲惨な目新しさ。

モナコ作戦健康状態のシャルレーヌ

モナコのシャルレーヌ王女については、相反するニュースがたくさんありました。耳鼻咽喉科システムの感染により、医師は非常に繊細な決定を下し、医師は彼女の頭を数回手術しました。毎週の「オギ」は、何人かのパラッツォグリマルディインサイダーからいくつかの情報を得ることができました。被験者は確かにもっと前向きなコミュニケーションを期待していましたが、状況はまだ進化しており、女性の状態は完全に最適ではありません。

モナコ健康状態作戦のシャルレーヌ

これらは、モナコのシャルレーヌの物理的状態について出てきた噂です。「シャルレーヌは病気で、非常に病気です。彼女は非常に疲れていて、これらの数ヶ月の病気のために体重が減っています。この最新の介入により、望ましい結果が得られることを願っています。」短期的には解決されないように思われる状況。明らかに、それが次の数日で回復できることを望んでいます。あるいは、少なくともこれが最近リークされたものでしたが、それでも事実の現実についてはほとんど明確にされていません。

9月、モナコのシャルレーヌは倒壊により失神した後、再び入院した。このエピソードは、5月以降、モナコのシャルレーヌ王女が生きることを余儀なくされた感染症の結果である可能性があります。これは、歯科的理由で行われた手術によって引き起こされた、鼻、耳、喉に影響を与える病状です。

記事「彼は悪い、非常に悪い…」。薄くて疲れている、モナコのシャルレーヌに対する不安は、カフェイナマガジンから来ています。

(出典)