「少なくとも5人が死亡」。大学での銃撃で、攻撃者は18歳です:「それが私が殺す理由です」

彼は憎しみに圧倒されたと言って自分を正当化するでしょう。私たちは、大学がライフルで武装した狂人の標的にされたロシアにいます。ある人(明らかに18歳の少年)が、ペルム州立大学の建物の1つで発砲し、数人が負傷して死亡しました。これは、法執行機関から発表された予備情報を引用してTassによって報告されました。

「身元不明の人物が大学の建物に入って発砲した」と彼らは言った。パーマ警察が発表した最初の報告によると、5人が死亡した。数時間後、警察は「今朝発砲した加害者は止められた、と大学は発表した。攻撃は11時(現地時間)に始まりました」。

ペルミロシア大学射撃

それだけでなく、実際には、Permキャンパスの非常識な殺人者が特定されたようです。これは、治安機関に近いと見なされているTelegramBaznチャネルによって発表されました。それは法の最初の年に登録されたティムールベクマンスロフ18でしょう。 Permのニュースサイト59.ruによると、若い殺人者は、攻撃と動機を予測して行動を起こす前にFacebookに投稿を残したとされています。

ペルミロシア大学射撃

「それはテロ攻撃ではありませんでした。私は過激派組織のメンバーではありません。私が何をしようとしているのか誰も知りませんでした。私はすべてを自分で整理しました」、投稿のテキストです。ベクマムスロフは自分自身を「憎しみに圧倒された」人だと語っています。彼はまた、しばらくの間、ペルム大学への攻撃を計画していたでしょう。それらのショットが実際にショットであることが明らかになったときの大学の混沌:何人かの学生が建物の窓から飛び出しました。

ペルミロシア大学射撃

法執行機関が到着する少し前に、ペルム大学の少年たちが法外な高さからジャンプしている様子を示すビデオが公開されました。予算はまだ暫定的ですが、ロシア当局からの最新情報が続きます。

記事「少なくとも5人が死亡」。大学での銃撃で、攻撃者は18歳です:「それが私が殺す理由です」CaffeinaMagazineから来ています。

(出典)