「何かが変わるだろう」驚いたことに、パオロボノリス、彼の未来についての言葉は誤解することが不可能

パオロボノリスは、プログラミングスケジュールの一時停止の間、イタリアの人々を楽しませることができました。観客は彼のハローダーウィンのレプリカを追体験する機会があり、彼の友人であり尊敬されている同僚であるルカ、ショーの素晴らしい女性主人公の永久的な存在に加えて、さまざまな母なる自然を見逃すことはできませんでした。しかし、論争が片付けられたら、未来に焦点を合わせ続けることはよりよいです。ここに、指揮者が自分を表現した方法があります。

論争はどこから始まったのですか? Nuovo TvのAlessandro Cecchi Paoneに次のように指摘したように思われる見物人から、次のように述べています。それは啓発的な光景ではありません。女性はショーの素晴らしい主人公によって示されるヌードに言及します。パオネは答えた:「私がパオロに行くとき、私は彼らの立派な仕事をしているそれらの美しい女の子の周りの下品さを感じません」。 (写真の後に読んでください。)

チャオダーウィンをめぐる論争が取り除かれた後、パオロは彼のアバンティウンアルトロについて考える時が来ました。また、Avanti un Altroにとっては、再放送を再放送で放映することが問題です。 (写真の後に読んでください。)

いくつかの期待を肯定し、聴衆を安心させたのはボノリス自身でした。「アヴァンティのもう一人にとって、私は間違いなく秋に新版を登録しなければなりませんでした。現在は不明です。しかし、私たちがそうするとき、それは現在の健康規則に完全に準拠しています。プログラムでは何かが必然的に変更されます。 (写真の後に読んでください。)

そしてまだ指揮者にチャオダーウィンの運命について尋ねる人々のために、パオロは「チャオダーウィンの新しいエピソードはありません」と答えました。発表者でさえ、国民のコンセンサスに気づかないわけにはいきません。彼らは季節を逆に送るので、映画のベンジャミン・バトンのように、私が毎日少しずつ活性化するこの面白い現象があります。 Bim Bum Bamと、もしあれば、私の誕生の映画のレプリカがこのレートで届きます。また、The Meaning of Lifeについても、現時点でこれらは将来の「予測」です。「それが強迫観念になりたくありません。私はそれをするのが好きで、大衆はそれを好んだ。しかし、2泊目のプログラムとして採算が取れない経済的理由がありました。ネットワークはその選択をした。」

アレッシアマルクッツィと夫パオロとの危機:真実を語る写真

「何かが変わる」という記事。パオロボノリスは驚くべきことに、彼の将来について誤解することのできない言葉は、 Caffeina Magazineからのものです

(出典)

Facebookへのコメント