「イタリアの疫病」。コロナウイルス、海外から攻撃された同胞:「このように処理された」

コロナウイルスは、医師や一般の専門家が心を落ち着かせ、警戒することなく安心させるにもかかわらず、世界中の多くの人々を怖がらせています。そして、ここ数日、イタリア人は精神病にかかりすぎている一部の人々によって本物のグリーサーとさえ見なされるため、正確に標的にされています。そして、悪い話がアメリカ合衆国から来ます。そこでは、同胞の2人がニューヨーク市で攻撃されました。

これらは、ウイルスの保因者であると非難される2人のウンブリアの市民です。最初は言葉による攻撃に対処しなければなりませんでしたが、その後、身体的暴力に移りました。とりわけ、ウンブリア地域では、他の場所のような緊急事態はありませんが、攻撃者はイタリアから来たという理由だけで彼らをthemることに決めました。両方の犠牲者はエレベーターの中にいて、イタリア人だと認めたのは女性でした。 (写真の後続行)

そしてすぐに攻撃性が始まりました。 2人の不幸な人の1人であるProietti Pesciは、Facebookプロフィールで彼の話をしました。不快な冗談を言いながら私たちを苦しめるために、私たちが苦しんでいると考えて…他の同胞はデシデリオ・ビニと呼ばれます。ニュースはメッセンジャーによって報告されます。 (写真の後続行)

このアメリカでの暴力の使用は、イタリア人が主演する唯一のエピソードではありません。実際、スペイン、より正確にはテネリフェ島で、ウンブリア出身の別の人が攻撃され、beat打されました。テネリフェ島ではホテルに検疫の同胞がいます。キックとパンチで打たれるのは、チミサイのトラム停留所にいて、サンタクルス行きのバスに乗るのを待っていた男でした。 (写真の後続行)

さらに詳しく説明すると、2人の個人が被害者に近づき、1人が蹴りました。イタリア人は彼に何を望んでいるかを尋ね、2番目の被験者は彼をひどくin辱し始め、イタリア人はスペイン人から仕事を盗み、コロナウイルスを彼らの国に持ち込んだと述べた。その後、私たちの同胞もあごに激しいパンチを受けました。希望は、そのようなエピソードが二度と起こらないことです。

コロナウイルスイタリアは隔離されている病院から脱出し、家に帰ります

記事「イタリア人が苦しんだ」。コロナウイルス、海外から攻撃された同胞:「このように扱われた」Caffeina Magazineから来ています。

(出典)

Facebookへのコメント