「イタリアでは数ヶ月早く到着した」。コロナウイルス、これが北の発見です

11月から1月の間に、アルザノロンバルドの病院に110の「疑わしい」肺炎がありましたが、これは現在、コロナウイルスの緊急時に応急処置の管理を調査しているベルガモ検察庁の捜査の中心となっています。それを報告するのは、アクションの地域評議員であるニッコロカレッタの要請によりAts BergamoとAsst Bergamo Estが公表したデータを報告する「L'Eco di Bergamo」です。データによると、11月に18の肺炎があり、12月に40に、1月にさらに52に移動しました。

2019年の入院と2018年の入院を比較すると、「2018年には196例の肺炎が認められず、2019年1月から12月の間に256例」と認められた。 30%以上。ベルガモの検察官はこれらのデータを調査しており、ベルガモの検察官は続けて、「非常に猛暑の日にアルツァーノロンバルドの病院で実施された手順を調査し、これらの疑わしい症例が逃亡したかどうか、またどのようにして脱出したかを再確認します」 。 写真の後に続ける

ベルガモの治安判事は、すでに開示されているように、綿棒を使用してコロナウイルスの症例を特定するために選択された基準で、同省が発行した通達を取得しました。 1月22日のガイドラインでは、不審なケースも考慮することを推奨しました。「異常または予期しない臨床経過、特に居住地や旅行歴を考慮せずに適切な治療を行っても突然悪化した人臨床状況を完全に説明する別の病因が特定されている」。 写真の後に続ける

ただし、1月27日の回覧では、疑わしい事件は、症状に加えて、疑わしい症例が「症状の発現前の14日間に中国の武漢市(および湖北省)での旅行の履歴」を持っている必要がありますまたは「武漢および/または中国湖北省の生きている動物市場を訪問または働いた」。 写真の後に続ける


{loadposition intext}
一方、ジェノヴァのポリクリーニコサンマルティーノの感染症クリニックの院長であるマッテオバセッティは、WHOのジェネラルディレクターであるテドロスアドハノムゲブレエサスの言葉についてコメントし、「最悪の事態はこれからです」と述べ、「イタリアでは津波と私たちはそれに直面しました。今日の数字は、少なくともこの流行段階では、昨日のデータが病気で死んでいるように思われるので、私たちは限界に達していることを示しています。最悪の事態はまだ到来していないと私は同意しません。また、WHOの警報は、地球規模の状況にも言及しています。 「数が増える国があることは明らかです、ブラジルとアメリカ、そして私たちがロックダウン、間隔措置、地元の医療の強化と集中治療場所の実施」、感染症専門医を追加します。 「10月に何が起こるかを予測することは、別の津波があるとは思っていなくても難しいです。ケースは多かれ少なかれありますが、システムが整ったので、地元の医療機関と連携する研究所があるので、それらに対処することができます。私はすべてがうまくいくと確信しています」とウイルス学者は説明しています。バセッティによれば、「次の3か月間、ダモクレスの剣を第2の波の頭に乗せて暮らすことは、経済、心理的側面、および健康システムにとって良いことではありません。今日私達は私達が素晴らしい仕事をしたことを大声でそして明確に言わなければなりません。私たちは、ガラスが半分空であり、常に半分が空であるとは限らないことを確認しようとします。

あなたは興味があるかもしれません: 「伝染病は成長しています」。知事のコロナウイルスが警報を発する:「手を貸さないで」

「イタリアでは数ヶ月早く到着した」という記事。コロナウイルスは、ここで北の発見は Caffeina Magazineから来ています。

(出典)

Facebookへのコメント