「やけどや破損の危険性」。 Ikea、アラーム後に撤回された製品

イケアは、「温かい食べ物や飲み物が含まれていると、これらのアイテムが壊れて火傷をする可能性がある」ため、市場から撤退し、2つのシリーズのプレート、ボウル、カップをリコールしました。ニュースはilfattoalimentare.itによって報告されました。 2つのラインには、ボウル、ボウル、平板、スープ、三者構成、および再生可能資源からのPLAプラスチックカップが含まれ、合計9つの異なる製品があります。

「ご不便をおかけして申し訳ありませんが、イケアは市場から撤退したラインの料理を使用しないことをお勧めします。これらの商品をお持ちの消費者は、最寄りのイケアストアに返品して払い戻しを受けることができます。領収書を提示する必要はありません」とウェブサイトを読んでいます。

「やけどや破損の危険性」。 Ikea、撤回された製品

スウェーデンの家具チェーンは、すべての「製品は施行されている最も厳しい基準と法律に従ってテストおよび承認されている」という事実にもかかわらず、「製品の破損の事例が報告されている」と発表しています。 「このため、予防措置として、HeroiskおよびTalrikaシリーズのプレート、ボウル、カップを市場から撤退させています」。

昨年、Ikeaは、法律で定められた制限を超える量の化学物質の放出を理由に「MadeinIndia」という文言が記されたトラベルグラスTroligtvisを市場から撤退させました。また、この場合、同社は公式ウェブサイトに、撤退の影響を受けた製品を使用せず、いずれかの店舗に行って返金または他の製品との交換を要求するように勧める通知を公開しました。

IKEAは、イングヴァルカンプラードによって設立されたスウェーデンの多国籍企業で、本社はオランダのライデンにあり、家具、家庭用品、その他の家庭用品の販売を専門としています。 42か国に345の販売センターがあり、そのほとんどがヨーロッパにあり、売上高の70%を占めています。その他の販売センターは、アメリカ合衆国、ブラジル、カナダ、アジア、アラブ首長国連邦、オーストラリア、モロッコにあります。

「もう、私じゃなかった!」島での夜の猛烈な喧嘩:悲鳴と涙。そして漂流者が爆発する

記事「やけどや破損の危険性」。 Ikea、アラームCaffeinaMagazineから来た後に撤回された製品

(出典)