「どうしたらいいのかわからなかった、退屈だった」。彼は車、バン、バスを燃やし、17歳で逮捕された

アスティは、約15台の車両に火をつけた17歳の手錠をかけられてしまいます。犯罪歴のある少年は、これをアスティ州司令部のカラビニエリに認めました。ジェスチャーは退屈から作られているでしょう。 9月5日以降、市内でいくつかのアーソン火災が発生しています。車だけでなく、バ​​ンやバスも炎上します。

未成年者の家でカラビニエリによって行われた検査は、これまでに押収されたいくつかのライターを明らかにしました。彼は警察の前の手錠でそれを自分で認めたでしょう:ライターは特にウォッカとジンの混合物を使用して車両に火をつけるために使用されました。さらに、17歳の子供は、服を集めるためのいくつかのビンとリサイクルのためのビンにも火をつけたでしょう。 (写真の後に読んでください)。

彼は退屈から行動しただろう。しかし、調査の結果、少年は怪我、強盗、盗品から麻薬取引まで、彼の後ろに前例があることが明らかになりました。コミュニティからの継続的な出入り。彼はコラボレーションの兆候を示さなかったため、そこから削除されていたでしょう。彼は一人で行動し、監視カメラからの画像をはっきりと示しました。 (写真の後に読んでください)。

彼の家で発見されたものと彼自身の入場によって現れたものを支持して、彼の手に小さな火傷のいくつかの兆候がありました。その少年は非常に困難な家族の状況から来ています。トリノ少年裁判所が出した規定から、17歳の少年は「ソフトドラッグの使用の確認、複雑な家族の状況、逸脱した行動に続いて」コミュニティに委託されていました。 (写真の後に読んでください)。

そして、彼は6月に「協力の欠如のためにコミュニティから追放され、彼の過失によって以前のライフスタイルへの新たな露出を支援する見込みを無効にした」でしょう。

強盗と郵便局での銃撃:女性のカラビニエールが負傷した。実行中の盗賊

「どうしたらいいのかわからなかった、退屈だった」という記事。車、バン、バス燃やし、17歳で逮捕されたのCaffeinaMagazineからです

(出典)