「できない」。ソーシャルメディアの怒りであるフラビオブリアトーレ:コンテ首相が目の前に

「ディスコは閉鎖されていないため、これは投票権を握る手段です。ディスコは閉鎖する勇気がありません。ディスコを開いたままにしましたが、私たちが踊るのを妨げました。たべる"。フラビオブリアトーレはこれを確信しており、コンテ政府の最近の措置の後、アドクロノスとのインタビューで状況を把握しています。

「彼らは象徴的なスケープゴートを見つけたかった-彼は付け加えた-そして彼らはディスコで彼を見つけた。彼らが見るように、このウイルスは夜間にのみ作用し、日中には作用しないようです。彼らはそれをパン屋ウイルスと改名することができます:夜に起きて仕事をし、日中に眠る人。これらはここでは不可能です:ロックダウン後に再開した場合でも、レストランがプレキシガラスまたはテーブル間の3メートルのように機能するのを効果的に防止する対策を考案していました。彼らはすべての活動のほんの少しで、産業活動でさえそうしました、そして今、彼らはディスコで同じことをしています。 写真の後に続ける

ブリアトーレにとって、解決策は、「1,000人の収容能力のあるナイトクラブで、より少ない人々を400名にして、ビリオネアで行ったように従業員の綿棒と血清学的検査を行わせることでした」あなたが敷地を閉めれば彼らは家にいる」 「回復はどのように見ますか?そこにはありません:政府の人々は、この国が破産するまで、事を約束し続けます。 写真の後に続ける

「この時点で-彼は付け加えます-私たちはトロイカが到着し、確実に悪化するだけなので、この政府が私たちを排除することを願っています。これらはここでは、決して本当の立場をとらない。ディスコは閉じるか、開いたままにします。代わりに、「レストランに行くことはできるが、食べることはできない」と言われたかのように意味をなさない、これらのパラキュラ式を使用します。 写真の後に続ける

{loadposition intext}
ブリアトーレにとって、「人々は、政府の中に人生で初めて働く無能な大臣がいることに気づきました。この政府がいつまで続くかはわかりませんが、それが続く間、それは災害と大惨事になります。彼らは法令を進め、議会を通過しなくなりました。一種のクーデターがあります」 「誰もがディスコに鼻をかけたかったのです。まずは、このテーマについて毎日ひどいことをしたメディアから始めました」。農業政策大臣であるテレサベラノバでさえ、ブリアトーレを追加します。真実は、ここで若者たちは常にこの国で彼らを犯罪化したいと思っているということです、そして結局のところ、この政府は彼らのために何もしなかったのです」。 「イタリアでは幸いにも2つのビジネスしかなく、どちらもうまく機能しています。」 「規則は正常です-彼は付け加えます-他の場所では私たちが問題を抱えていません、要点はイタリアでのみ彼らがこれらの制限を一晩で決定するということです。ミュンヘンでもディスコは閉鎖されていますが、最初から明確なルールがあり、そこで終わりました」ブリアトーレにとって、「しかし、ここでは彼らはどのように決定が下されるかを理解していません。たとえば、シーズンに採用した人はどうなりますか?私たちはそれらをどこに配置しますか?シーズンの途中で取り消すのは明らかに問題です」

あなたは「真の幸福」に興味があるかもしれません。アレナ・セレドワ、最も美しい瞬間:彼は何ヶ月も待っていました。そして今祝う

記事「インカパシ!」。ソーシャルメディアの怒りであるフラビオブリアトーレ:コンテ首相は、 Caffeina Magazineの出身です。

(出典)