「だから、すでに病気になっている人に予防接種をしないのです」。 Covid、MassimoGalliが「副作用」について説明します

コロナウイルスのパンデミックはまだ打ち負かされていません。イタリアでも予防接種キャンペーンは続いていますが、新しい亜種と感染症は専門家を悩ませ続けています。ジム、プール、バー、レストランなどの商業活動は、現時点ではまだ多くの不確実性があるとしても、100%仕事を再開することを望んでいます。最も重要な決定を下すのは確かに次の政府になるでしょう。その間、最初のうわさは地域間の旅行の禁止の延長について広まっています。

実際、イエローゾーンにある地域でさえ、少なくとも3月5日まで同じ色の別の地域に移動することを禁止する必要があります。一方、ミラノの「サッコ」病院の責任者であるマッシモガリは、ワクチンのトピックについてインタビューを行い、コロナウイルスに感染した人々がワクチン接種を受けてはならない理由を説明しました。専門家は、彼の理論につながると彼が考えるいくつかの非常に重要な詳細を提供しました。 (写真の後に続く)

Massimo Galliにとって、Covid-19に感染したすべての人に予防接種をすることは本当に無意味です。この件に関する彼の言葉は次のとおりです。「ワクチンに対する免疫系の過剰な反応である副作用を報告した、ワクチン接種を受けた医師や看護師が何人かいました。危険なことは何もありませんが、2回目の投与はすでに感染を通過した人の1回目よりもさらに厄介です。ミラノの「サッコ」の主治医は、それは個人的な考慮事項であると指定しました。 (写真の後に続く)

Massimo Galliは、次のように述べています。「これは私の個人的な意見ですが、多くの関係者によって共有されています。今、私は常識をもって、特定のタリバンの立場を克服することを望んでいます。すでに感染して回復した2回目の投与を受ける必要はありません。」ここで、マッシモガリ教授のこのアイデアが他の専門家によって確認されるかどうかを理解する必要があります。現在、ウイルスに感染した方への予防接種も行っています。 (写真の後に続く)

最新の噂では、来年3月5日まで地域間の旅行が禁止されています。したがって、少なくともその日まで、対策の緩和はなかったはずです。その後、マリオ・ドラギ教授が率いると思われる将来の政府が、コロナウイルスの蔓延をさらに減らすためのさらなる措置を講じるためにそれを処理します。

「3月5日まで禁止」。コビッド、政府の部屋からの無分別。イタリア人にとって何が変わるか

記事「だから、すでに病気の人に予防接種をしないのです」。 Covid、Massimo Galliは、「副作用」CaffeinaMagazineから来ていると説明しています。

(出典)