「さあ、やめて!」ピエルルイジ・ディアコ、生きている怒り:指揮者は怒りを失います。このようなものは今まで見られなかった

今日のIo e Teでの緊張の瞬間、9月までのイタリア人の午後に同行するRai 1プログラム。落ち着きと華やかさを演出した指揮者のピエルルイジ・ディアコは、生放送の真っ只中で大暴れしました。

ライブを見たことがない人のために、ピエールルイジディアコは、マーラヴェニエの健康状態について視聴者を更新し、その後爆発しました。指揮者はマーラから送られた写真を投げます。マーラは、あなたと私を見ながら石膏で足に描かれているのを見ます。そのとき、偽のオウムエンツォは指揮者に「マラを聞いた?」と尋ねます。そして、彼は指示に怒りました:«これは準備されましたが、オウムは明らかに写真が現れる前ではなく前に話す必要がありました。演出を平和にしてください、あなたはアンチテレビ時代を過ごしています»。その後、DiacoはDomenica Inのホストの方が優れており、日曜日がライブになることを確認します。 写真の後に続ける

霜が降りた後、伝染は続きます。昨日、Pierluigi Diacoはみんなを感動させました。 「あなたは笑顔で私に会いますが、実際には昨日は私にとって良い日ではありませんでした。放送直後、私はすべての友人であり、個人的な友人であるRoberto Gervasoが天国に飛んでいることを知りました。私が彼にナイトバージョンチームに参加するように頼んだことはあなたにはわかりませんが、健康上の理由から、今は話したくありませんでした。しかし、昨日はそのニュースを期待していませんでした»。 写真の後に続ける

そして彼は続けます:«残念ながら、それはあなたの空想のひねりではありません。今、あなたは鋭い視線で私たちを見つめ、あなたの格言のいくつかを私たちに送るに値します。私たちはあなたに魂の良いことを望んでいます»。スタジオで拍手。ピエルルイジディアコは1977年6月23日にローマで生まれ、ジャーナリスト、テレビの司会者、ラジオの司会者、テレビの作者です。 写真の後に続ける

{loadposition intext}
1985年以来、彼はカトリックアクションで活躍しており、1992年には、ローマの反マフィア調整の創設者の1人です。ジャーナリストとして成功しただけでなく、優れたテレビプレゼンターでもあります。実際、2019年、彼女は女優ヴァレリアグラチとサンドラミロと一緒に、ライ1イオテの午後の新しい形式を指揮しました。

あなたは興味があるかもしれません: 「中毒者!」。パオラ・ペレーゴ、「ショック」の告白は誰もを驚かせました:「私は窒息していました、私は死ぬつもりだったと思っていました…」

記事「十分!」。ピエルルイジ・ディアコ、生きている怒り:指揮者は怒りを失う。このようなものは、 Caffeina Magazineからはこれまで見られませんでした

(出典)

Facebookへのコメント